本人確認要件とはどのようなことですか?

本人確認とは

本人確認は、プラットフォーム上で支払いの処理、資金の支払い、または金融商品の使用を希望するすべてのユーザーに対して実行されます。Adyenは、個人の個人情報がオンボーディング時に受け取った個人識別情報(PII)と一致するかどうかを確認することにより、ユーザーの身元を確認する必要があります。
本人確認は、顧客確認(KYC)チェックの1つです。

アカウント所有者の本人確認方法

ユーザーは自動的に本人確認されます。自動検証に失敗した場合、Adyenは検証プロセスを続行するためにIDドキュメントを要求します。
アカウント確認のためにアップロードする書類の要件について詳しくは、こちらをご覧ください。

KYC身分証明書の要件

アップロードする身分証明書は、次の条件を満たす必要があります。

  • 有効期限が切れていないこと
  • 可能であれば、機械可読ゾーンを表示していること
  • 身分証明書の写真であること
  • 書類が身分証明書または運転免許証の場合は、表面と裏面に別々のファイルを用意すること
  • フルカラー、トリミングされた、まっすぐな画像であること
  • 写真または写真付き身分証明書のスキャンであること

アップロードするドキュメントは、次の要件を満たしている必要があります。

  • 最小 100 KB、最大 4 MB の JPEG、JPG、または PNG であること
  • または、最小 1 KB、最大 4 MB の PDFであること

受理不可能なドキュメント:

  • 写真のスクリーンショット
  • 他のドキュメントに貼り付けられた写真
  • 画面の写真
  • プリントアウトの写真
  • 公証された文書

指定された姓が ID の姓と異なる場合、本人確認は失敗します。これは、IDを受け取った後に結婚し、パートナーの姓を採用した場合に発生する可能性があります。

このような場合、プラットフォームはAdyenサポートに電子メールで連絡し、結婚証明書などの追加書類を提供するために必要な手順を理解することができます。

注: 透かしは許可されますが、ID のデータポイントが隠れないようにしてください。ドキュメントを編集または改ざんすると、ドキュメントは拒否され、ユーザーは停止されます。

1_3xに関連するエラーコードの受信

1_3 で始まるエラーコードは、会社情報に関する問題を参照しています。以下は、一般的なサブエラーコードと可能な修復アクションのリストです。

エラーコードの詳細については、このAdyenドキュメントページを参照してください。

一般的なエラーコード

可能な修復アクション


1_3032 「本人確認書類と個人情報が一致しません」

  1. 入力データを更新して、指定されたドキュメント内のデータと完全に一致するようにします
  2. 顧客は結婚して姓を変えましたか?姓を確認できるよう、婚姻証明書をご提示ください。
  3. 提供された身分証明書に表示されているすべてのデータが入力データにも表示されているかどうかを確認します。

1_3009 「本人確認書類が要件を満たしていません」

  1. 本人確認書類が形式と書類タイプの要件を満たしているかどうかを確認します
  2. ドキュメントの品質が十分に高く、すべての詳細が読み取れることを確認します。

1_3011 「本人確認書類はサポートされている書類タイプではありません」

  1. ドキュメントの種類が上記の要件を満たしていることを確認します。

リリース機能ページにサインアップして、プラットフォーム、インテグレーション、金融商品のすべての変更について最新情報を得ることができます。

 

詳細情報

このトピックについて詳しく説明します。

Adyen Docへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信