フランチャイズ加盟店の銀行口座が拒否されるのはなぜですか?

銀行口座が拒否される理由

  • 銀行詳細が確認されなかった:銀行の詳細情報に関して、誤った情報が提出された可能性があります。たとえば、銀行がフランチャイズ加盟店の国を承認していない、または銀行名が書類に記載のものと一致していないなどの理由が考えられます。
  • 提供された詳細が書類に記載のものと一致していない:提出した書類に記載した詳細を一致していない情報がある可能性があります。たとえば、法人または口座番号が書類に記載したものと完全に一致していない場合などが考えられます。
    注:法人名については例外があります。法人名の代わりに「屋号:Doing Business As(DBA)」が銀行文書に記載されることがあります。これは、屋号が法人に直結しているという公式な証明があることが条件です。さらに、事業の性質を表す頭字語(「LLC」か「PTY LTD」など)が入力か文書のいずれかにあっても(なくても)、小切手が無効になることはありません。分かりやすい略語も受け入れられます(「Michael」を「Mike」とするなど)。
  • 提出した銀行書類が要件に適っていない
    • 口座名義人名または口座番号を文書に表示していない
    • 書類の日付がアップロード日の12か月以上前である。
      ヒント:小切手とRiBには日付は必要ありません。
    • 書類に、銀行の正式なロゴ、スタンプ、署名が表示されていない。
    • 書類のタイプが当社の側で受け入れられない。当社が受け入れているのは、銀行取引明細書、銀行発行の通信、銀行環境のオンラインインターフェース(スクリーンショットまたは写真)、セキュリティ機能を含む小切手、預金入金票です。直接入金票は、銀行印/署名がある場合でなければ受け入れられません。
    • 提供された文書に、銀行カードの写真などの機密情報が含まれている。

練習

このトピックについて詳しく学び、学んだことを実践してみましょう。

Essentialsへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信