AdyenがサポートするTLSバージョンは何ですか?

推奨バージョン:TLS 1.3

TLSバージョンは最新のものを使用し、望ましくは256ビットのセキュリティを提供する暗号スイートの使用を推奨します。現時点で、それはTLSバージョン 1.3です。このバージョンはTLS 1.2と比較して、より高速なハンドシェイクが可能であり、暗号化の面でリスクが高い旧機能はサポートが終了しました。

ハンドシェイクモードはECDH(secp256r1、secp384r1、secp521r1)である必要があります。

推奨暗号化スイート名:
0x13,0x02 TLS_AES_256_GCM_SHA384

0x13,0x03 TLS_CHACHA20_POLY1305_SHA256


必須バージョン:TLS 1.2

すべての加盟店は、最低でもTLS 1.2を使用する必要があります。

2018年6月30日以降、決済データか決済ページを保護する目的でTLS 1.0を使用することはできません。

PCI Security Standards Council(PCI SSC)は、古いTLS(TLS 1.0)を支払いカードデータ送信のための安全な通信プロトコルとみなさなくなりました。そのため、Adyenのプラットフォームでは、古いバージョンのTLSが廃止されています。

注:Java 7か.NET 4.0などの統合はデフォルト構成を使用したTLS 1.2をサポートしていません。Java 6以下、.NET 3.5以下、Python 2.7.8以下、Ruby 1.9.3以下、OpenSSL 1.0.0以下を使用した統合の場合、TLS 1.2を使用した構成が困難になるか不可能になるため、加盟店が移行する手間が大幅に増加する可能性があります。また、古いTLS、ホストされた決済ページ(HPP)、クライアントサイド暗号化(CSE)だけをサポートする古いブラウザ(IE8、IE9、Androidバージョン4.4以下など)を使用する購入者は、このようなサービスに接続できなくなります。

統合のセキュリティガイド

ベストプラクティスに従って、セキュリティリスクを軽減します。

インテグレーションのセキュリティガイドを見る
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信