インタラクティブ支払会計レポート⁻一般的な質問

(インタラクティブ)支払会計レポート

(インタラクティブ)支払会計レポートには、特定の期間のすべてのトランザクションステータスと、それに対応する各トランザクションのレジが表示されます。つまり、異なる支払いステータスに対して同じトランザクションが複数回表示されます。

レポート機能の概要:

  • ペイメントアカウンティングレポートは毎日生成され、インタラクティブペイメントアカウンティングレポートは特定の日付範囲で生成できます。
  • すべての支払いの財務状況の変更、イベント、および変更が含まれます
  • 簿記全体とユーザー監査を含みます
  • 会社およびマーチャントアカウントレベルから使用できます
  • 総/純移動、コスト、およびレコードタイプは最も重要な列です。

使用例:

  • 利用可能なすべてのステータス変更のコピーを独自のデータベースに保持する
  • 財務報告のためにAdyenの会計データを複製する

ヒント:このレポートのインタラクティブバージョンでは、トランザクションのステータスと好みの時間範囲を選択できます。これにより、請求書調整に使用されるメインのレポートになります。

注:決済会計レポートに表示されるのはトランザクションイベントのみです。マーチャント支払い、資金振替、デポジット修正などは表示されません。これらは Settlement Details Report(決済詳細レポート)で報告されます。

(インタラクティブ)支払会計レポートの生成

  1. Customer Areaにログインします。
  2. [レポート]に移動し、次のいずれかを選択します。
    • 支払会計:特定の日に関する全レポート
    • インタラクティブ決済会計:以下の特定のレポート全体
      • 期間(日、週など)
      • タイムゾーン(設定されたタイムゾーンまたは中央ヨーロッパ時間)
      • 選択したイベント/レコードの種類(自分にとってより関心のあるものを選択するのが理想的です)

決済明細レポートとの違い

支払会計レポートの列は決済詳細レポートの列と似ていますが、いくつか異なる点があります。

  • レコードタイプのセット:決済詳細レポートに関連付けられているレコードタイプのセットとは異なります。
  • このレポートでは、支払いが通過した取引ステータスがすべて表示されます。例:「Setteled(決済済み)」や「Refunded(返金済み)」、また「Authorised(承認済み)」や「SentForSettle」など、直接財務に影響しないステータスも表示されます。
  • 個々の支払いに帰属させることができないレコードタイプは、支払会計レポートには含まれません。そのため、口座残高上で動く一括合計調整(例:InvoiceDeduction, MerchantPayout)は、ここでは表示されません。支払い状況の詳細については、「支払いライフサイクル」を参照してください。

注:表示されている月より前のオープンなキャプチャがある可能性があります。これらはIPARには表示されません。これを解決するには、[Monthly finance report open balances(月次財務レポートの未処理残高)] タブに移動し、SentForSettleに残っているインタラクティブ決済会計レポートでそれらの支払いを一致させることができるかどうかを確認します。SentForSettleの仕訳帳はあっても、Setteledの仕訳帳はないすべての支払いを探します。

注意:PAR(支払会計レポート)は、SDR(決済の詳細レポート)がバッチベースであるのに対し、日単位で生成できるため、請求書を照合する際に使用するレポートとなります。つまり、週末を挟んで月末と月初にまたがるバッチがある場合、差異が生じることになります。

練習

このトピックについて詳しく学び、学んだことを実践してみましょう。

Customer Areaへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信