非接触型決済はどのように機能しますか?

非接触型決済とは

非接触型決済を導入すると、顧客は接触することなく決済を行うことができるようになります。これは近距離無線通信(NFC)技術によって実現されるもので、携帯電話と決済端末などの2つのデバイスが近くにあるとき、お互いに安全に通信を行います。

非接触型決済はカードやApple Pay、Google Pay™️、Samsung Payなどのモバイルウォレットで導入できる決済方法です。高額な購入の際に特に便利で、非接触制限を超える金額(顧客がPINコードを入力せずに支払いを行うことができる、1回ごとの取引の金額)の承認にも使用できます。

これらの決済方法の認証は強力だとみなされていることから、高額の取引に対応しています。

非接触型決済の仕組み

Adyen端末で非接触取引を行う場合、EMV非接触仕様に従って、端末画面の左上の4つの円に非接触取引の状態が表示されます。

  • 一番左の円が点滅:非接触リーダーはアイドル状態です。
  • 最初の円が常に「オン」になっている:端末が決済リクエストを受信し、非接触リーダーがカードを読み取る準備ができた状態です。
  • 4つの円がすべて「オン」になっている:非接触リーダーがカードの読み取りを終え、カードを取り出せることを知らせるため、「ピッ」という音が鳴ります。

クレジットカードとデビットカードでは、決済端末を使用する際に、カード使用者が正当なカード所有者であることを確認するためのカード名義人確認方法(CVM)が求められることがあります。この確認は、通常個人識別番号または顧客の署名の形式で行われます。

非接触型決済の制限

最新の国別非接触決済制限は、Customer Areaのニュースセクションでご覧ください。決済端末の設定は、これらの制限に合わせて最新のものにしています。

国ごとに非接触制限が設けられている場合、お客様側での対応は必要ありません。設定が変更されると、端末は次の自動メンテナンスコールで変更されたCVM制限を取得します。

非接触、CVM、オフライン非接触の端末では、他にも確認および設定できる設定があります。

ヒント:詳細は非接触型決済とCVMをご覧ください。

詳細情報

このトピックについて詳しく説明します。

Adyen Docへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信