チャージバックのステータスは何を意味していますか?

chargeback が発生すると、いくつかのステータスが Customer Areaのdispute details(異議申立詳細)ページで確認できます。

chargebackステータス:

Undefended(未抗弁)

取引でアクティブな異議申立が発生しており、chargebackに異議を申し立てるための文書をアップロードすることができます。


Pending(保留中)

chargebackがお客様側で抗弁され、銀行が抗弁書類を確認している段階。銀行はお客様の文書を承認するか拒否します。このケースは、2回目のchargebackを申請するための期間が終了するまで、"Pending"段階にとどまります。そこから、勝訴または敗訴に移行します。


成約

chargebackがお客様側で抗弁され、2回目のchargebackを申請する期間が終了(銀行がお客様の抗弁を承認)。このステータスは、購入者がチャージバックを取り消す場合にも表示されます。


Lost(敗訴)

chargebackはお客様側で抗弁されましたが、カード所有者/銀行は抗弁書類を拒否し、ほとんどの場合最終段階である2回目のchargebackを続行しています。

備考:「DefenseMaterialUploadPeriodExpired」というジャーナルが表示される場合もあります。このジャーナルは、Adyen内部で使用され、異議申立の結果を決定するものではありません。実際は「DefenseMaterialUploadPeriodExpired」ジャーナルを無視しても構いません。 

異議申立ステータス:

さらに、異議申立プロセス全体を通して、取引のステータスは、異議申立フロー のどこにあるのか、そして異議申立の結果が時間内に通知されます。

Chargeback

発行銀行がカード所有者に代わって正式な異議申立を提出しました。異議申立された金額が、お客様のアカウントから引き落とされます。お客様が異議申立を受け入れたか、抗弁文書を期限内にアップロードしなかった場合、これが最終ステータスになります。


InformationSupplied

異議申立に異論を唱えるため、抗弁文書を提出しました。あるいは、Adyenがchargebackに自動的に抗弁しました。Adyenは補足文書を受け取り、発行銀行のレビューのためにスキームに転送します。


ChargebackReversed

異議申立のためにドキュメントをアップロードし、ケースが発行者によってレビューされている間、チchargebackテータスはChargebackReversedに設定されます。異議申立が確定するまで、異議申立された金額はchargebackの取り消しによって(一時的に)戻されます。

ChargebackReversedは、発行銀行がSecondChargebackを申請するための期間が終了するまで保留となります。

スキームによっては、ChargebackReversedの日から45 ~ 60日後に2 回目のchargebackを実行できます。


SecondChargeback

発行銀行がお客様の抗弁を拒否すると、2回目のchargebackが発生します。抗弁文書はアップロードできません。これが最終段階になります。

 

練習

このトピックについて詳しく学び、学んだことを実践してみましょう。

Customer Areaへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信