APIを使用してチャージバックに抗弁するにはどうすればよいですか?

AdyenのDispute APIでは、Customer AreaCustomer Areaエリアから文書を手動で送信するのではなく、APIリクエストを送信することで、異議申立通知を受信し、自動化された方法で異議申立に対応することができます。

APIを使用すると、特にチャージバック量が多い場合には、異議申立管理の効率を大幅に向上させることができます。Disputes APIを使用しても、Customer Areaでの異議申立管理が妨げられることはありません。両方のソリューションを組み合わせて使用できます。

Dispute APIを使用して異議申立への抗弁を開始するには、まずAPI統合を完了しておく必要があります。詳細と段階的な指示についてはAPI documentation(APIドキュメント)を参照してください。

詳細情報

このトピックについて詳しく説明します。

Adyen Docへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信