Customer Areaでchargebackに手動で抗弁するにはどうすればよいですか?

A green triangle with an exclamation point in it.

適切なユーザーロールを持っていますか?

次のいずれかのユーザーロールが割り当てられていることを確認してください。

  • Merchant Dispute Management(マーチャント異議申立の管理)

今後の異議申立はすべて、Risk > Disputesの下で、Customer Areaに記帳されます。

Disputeセクションにはタブが3つあり、Notifications of Fraud(不正通知)、Requests for Information(情報要求)、Chargebacks(chargeback)という、異議申立の3つの主な段階となっています。

Chargebackタブには、アクションの実行を待っている最新のchargebackがあります。異議申立とその決済の詳細 (決済方法、理由コード、異議申立金額、回答までの残り日数など) を表示できます。

行をクリックすると、チャージバックを確認し、発行者のコメントがある場合はそれを確認できます。異議申立ページの右上隅に、「handle chargeback(chargebackの処理)」ボタンが表示されます。この部分は、抗弁返答のオプションを提供し、お客様を導くことができます。ケースに最も適したものを選択し、 こちらで概説した抗弁要件に沿って準備した抗弁文書を提出してください。

抗弁文書が提出されると、抗弁プロセスが確定します。

抗弁に対応していないPOS chargebackの抗弁

Adyen Customer Areaで防御できないPOS取引のチャージバックを受け取った場合、不正利用のリーズンコードが原因である可能性が最も高いです。

POS入力モードがManual(手動)か否かも確認してください。手動の場合、chargebackに抗弁することは困難です。これは、手動による入力が、チップとPIN、または磁気ストライプとPINの組み合わせでカード所有者を検証しない、リスクの高い取引処理方法であるためです。この場合、加盟店は即座にchargebackの債務を負うことになります。手動による入力は、十分に検証された、長期にわたる購入履歴のある限定的な購入者に対する場合に限って行うことを推奨します。

練習

このトピックについて詳しく学び、学んだことを実践してみましょう。

Customer Areaへ
The illustration of support agent wearing a headset.

他にサポートが必要ですか?

サポートチームへの連絡

問題の詳細を画像やスクリーンショットを添えてお送りください。

リクエストを送信